山西歯科医院

住所
大阪府堺市西区北条町2丁21番28号

電話番号
072-276-0418

FAX番号(tel兼用)
072-276-5418

当医院では、耳のご不自由な方には 筆談をいたします。
ご予約・お問い合わせなどはFAXをご利用ください。E-mailでもご対応させていただいております。

各種クレジットカードを取り扱っています。
(保険診療もカード払いができます)
一括・分割・リボ払い。

side_clinic_card.gif

HOME > お口のお悩み

お口のお悩み

歯の汚れ

歯の汚れには、大きく3種類あります。

(1)食べた物の残りかす

基本的にはブラッシングで取れますが、歯と歯の間など歯ブラシだけでは完全に取り除けないところもあります。

(2)歯垢・歯石

歯垢はブラッシングで取れますが、歯石は歯科医院で機械を使って除去する必要があります。そのまま置いておくと、むし歯や歯周病の原因となります。

(3)歯の表面の着色

日常の飲食で着色はつきます。歯科医院で機械を使って除去します。

汚れがついてブラッシングで取れないようでしたら、歯科医院で除去することをお勧めします。個人差はありますが半年に1度の、歯のお掃除をお勧めしています。

詰め物がとれた

詰め物がとれる原因

(1)詰め物と歯の間から、新たなむし歯が出来た場合

むし歯を取って、新しい詰め物を作る必要があります。ほとんどの場合、2回の来院で終わります。

(2)詰めてから年数が経過しており、セメントや詰め物自体の劣化による場合

歯と詰め物自体に問題がなければ、再度装着することが可能な場合もあります。
詰め物自体が劣化している場合は、新しく作り直す必要があります。

金属の詰め物を白くしたい

詰め物の場所と大きさによって、治療方法が異なります。
保険の範囲内で出来る小さな白い詰め物(コンポジットレジン)や、前歯の白い被せ物(レジン前装金属冠)から、保険外の治療となる奥歯の白い被せ物(ハイブリッドセラミック、メタルボンド)まで、その部位に合う治療方法があります。
お口の中の状態によって適切な提案をさせていただけますので、是非ご来院ください。

歯が痛む

むし歯の場合に多い症状です。初期のむし歯では、痛みなど症状が出ないことが多いので、そのむし歯は少し進行している可能性があります。早急に歯科医院を受診されることをお勧めします。

歯ぐきから出血する

歯周病になっている可能性があります。歯科医院で歯と歯ぐきの検査、歯石除去やブラッシング指導を受けてください。正しいブラッシングを続けて行くと、歯ぐきの状態が改善されますので、出血もなくなってきます。

歯がぐらつく

歯周病の場合に多い症状です。それも、ぐらつきが出てきているのは、歯周病が進行してきている可能性が大きいです。状態によりますが、歯周病の治療を進めて行くことで、ぐらつきが改善することもありますが、状況によっては抜歯をする必要があります。
歯科医院を受診されることをお勧めします。

歯を白くしたい

歯の色が白くない原因には、色々とあります。
原因を調べ、それに適した治療方法が必要になります。

(1)元々の歯の色が茶色っぽい

ホワイトニングを行うことで白く出来る可能性があります。
他に、被せ物を入れて白くすることも出来ます。

(2)歯の表面に付いた、飲食物による着色

歯科医院で機械を使って、研磨することで白くできます。
状況により治療方法が異なりますので、ご相談ください。

口を大きく開けるとアゴの関節が痛む、口を開けにくい、口を開けると変な音がする

顎関節症の可能性があります。原因として、かみ合わせが悪い、偏った噛み方をしている、奥の歯を抜いたままで歯を入れていない、顎関節の摩耗などがあります。
治療すれば改善されます。歯科医院を受診されることをお勧めします。

親知らずを抜きたい

親知らずの状態によりますが、抜くことは出来ます。
しかし、親知らずの位置や、アゴの骨の中にある神経との位置関係によっては、当医院では抜歯が出来ないことがあります。そのような場合には、当医院の連携医療機関の堺市立総合医療センター、または大阪労災病院、近畿大学医学部付属病院などを紹介させていただきます。


その他、お口に関するお悩みは何でもご相談ください。
当医院は、『患者様のお口の生涯のパートナーでありたい』そんな歯科医院です。


このページのトップへ